素敵なゴールデンタイムズ

婚活には妥協も必要!

独身の高齢男女がいると、昔であれば「あの人は…」なんていろいろ言われたものです。
しかし、今はそんな独身者などザラにいます。
そういう意味では独身者にとっては住みよい社会になってきたと言えます。
ただ結婚をしない道を選択する方が多い現代の日本のままでは、少子化は進む一方です。
むしろ結婚して、よい家庭を育むことが求められています。
そうはいっても、実際、簡単にはいかないようです。
婚活をしても、上手くいかない男女は結構多いようです。
まあ、原因はいろいろあるでしょうが、一番多いのは条件の高望みだと言われます。
特に女性の側にそれが多いのだとか…
条件の良い男性はすぐに相手を見つけるので、そんな婚活なんてわざわざしないのです。
ですから、残っている男性は、そんな理想的な人はあまりいないのです。
もし、本気で結婚したいなら、ある程度の妥協は必要だと思います。

春になりまたリクルートスーツを着たフレッシュな学生の就職活動が目立つようになりました。

アベノミクス効果もあり、企業は少しずつ採用が増えているようで数年前のような厳しい就職活動ではなくなる可能性も出てきています。

ただこれから就職活動をしている人や今から考えている人、転職を意識している人全ての人がじっくり自身と向き合う必要があるのが、「やりたい事はなにか?」ということです。

こうした根本はしっかりと考え抜いておくべきです。

内定欲しさに受かりそうなところをローラーで回ったら採用されるかも知れませんが、果たしてそれで満足でしょうか?

そんなにいくつも受けたい職場があるでしょうか?

逆にやりたい事に絞り活動して行くほうが良いと思います。

10年後の自分をイメージして見るのも大切ですね。

続きを読む≫ 2014/04/19 19:25:19

印鑑という文化が今も根強く残っているのは、日本と韓国ということは有名である。

ことに、日本では何かあれば、すぐに「印鑑」のご登場である。

そう、宅配のが届いてもポン、契約書もポン、結婚してもポン、離婚してもポン。

嬉しい時も悲しい時もポンポン押してるこの印鑑は、実は欧米ではあまり使われないのである。なるほど、日本では印鑑は100円均一でも手に入れることができる。

だからこそ、特に銀行印等お金に関わる印鑑は偽造しにくものを作成する必要があります。

 

銀行作成の詳細

 

続きを読む≫ 2014/04/16 15:45:16

最近では高学歴化が進み、大学進学者もすごく増えました。

実は6割程度は、大学や短大卒業者で占められているのです。

つまり、高卒以下の学歴のほうが少数派になってしまっているわけです。

そうなると、大卒者に希少価値なんてまったく無いわけです。

その点は大卒者も自覚しないといけないと思います。

また、子どもを大学にやりさえすれば…なんて考えていた親の方もそうした現状をよく理解しておきましょう。

では大卒の肩書だけでは意味が無い時代にはどのように対応していくべきでしょうか?

その答えは自分磨きで真の実力をつけるようにすることにあります。

見せかけの学歴ではなく、本当の力を持っていないと、今後、ビジネスの世界を渡っていくのは難しい時代となりそうです。

続きを読む≫ 2014/03/31 14:07:31