システムエンジニアではなくセールスエンジニア

システムエンジニアではなくセールスエンジニア

IT系の専門学校を卒業し、システムエンジニアの職に就いた方がいます。
なかなか自分の希望する仕事につけない人が多い世の中で、思い描いた通りの職業生活のスタート。
まさに順風満帆と思っていたそうです。
もともとパソコンを使ってのシステム設計が大好きなので、就職後はそうした仕事をバリバリこなしたいと思っていました。
そして、自分の技術力を磨きながらキャリアを高めようと考えていたそうです。
しかし、いざ仕事を始めてみると、様相が違いました。
と言うのは、実際の作業はその会社ではやっておらず、ほとんど下請けに出していました。
で、その会社のメインは仕事の受注にあったのです。
営業がクライアントと折衝する際、技術面の担当としてサポートするのが彼の役割でした。
つまり、システムエンジニアというより、セールスエンジニアだったのです。