銀行印をワンランクアップ

印鑑と欧米

印鑑という文化が今も根強く残っているのは、日本と韓国ということは有名である。
ことに、日本では何かあれば、すぐに「印鑑」のご登場である。
そう、宅配のが届いてもポン、契約書もポン、結婚してもポン、離婚してもポン。
嬉しい時も悲しい時もポンポン押してるこの印鑑は、実は欧米ではあまり使われないのである。なるほど、日本では印鑑は100円均一でも手に入れることができる。
だからこそ、特に銀行印等お金に関わる印鑑は偽造しにくものを作成する必要があります。

 

銀行作成の詳細